妊娠中に欠かせない葉酸について

近年注目されている成分が葉酸です。
葉酸は妊娠中から授乳期にかけてとても必要な成分です。

なぜ妊娠中に葉酸を摂った方がいいのかというと、妊娠初期は赤ちゃんの脳や神経など体がつくられる時期でもあります。
この時期に葉酸を摂ることで、赤ちゃんの先天性異常である神経管閉鎖症のリスクを下げることができるからです。

神経管閉鎖症とは、人間にとってとっても大切な脳や脊髄をつくる神経管が結合していない病気です。
この病気になってしまうと、膀胱や腸の排泄がうまくいかない排泄障害や下半身の運動障害、脳の発育がない無脳症、脳に腫瘤ができる脳瘤になってしまいます。
また、自閉症のリスクも高まってしまいます。
そして無脳症になってしまうと、流産や死産の恐れもありとっても危険です。

近年では、神経管閉鎖症を発症している赤ちゃんが増えてきていることもあり、葉酸を摂取することを強く言われています。

そして、妊娠中は胎盤や胎児を作らなくてはいけないので、葉酸が二倍必要になります。
また、赤ちゃんに血液を送り続けなくてはいけないので貧血になりやすくなってしまいます。
葉酸は貧血防止にもなるので、進んで摂る必要があります。

このように葉酸は妊娠初期に必要な成分ですが、妊娠したことを気付かない人も多いのが現状です。
なので、摂取時期が遅れてしまう場合があります。
しかし葉酸は妊活中にも摂取することで妊娠しやすくなるというメリットがあるので、妊娠前から摂取することがおすすめです。

そして葉酸は、摂取しないといけないけれど、摂取しすぎてもよくない成分です。
厚生労働省が一日の摂取量を400μgと推奨しているので、これを目安に摂取することが大切です。

このように、葉酸は妊娠中には欠かせない成分です。
葉酸不足にならないように気を付け、摂取することが大切です。

結局どの葉酸サプリを使うのが一番良いのか。それぞれの一長一短を説明しまし。